レーシック後の視力維持は本人次第


レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:20190805


手足に冷えを感じる「冷え症」は、
血行不良が原因で生じるもので、
減量の妨げにもなります。

冷えを改善するためには、
体の内側から温めることと
体を温める食事が欠かせません。

まず
体を温めるには、体幹を温めることが大切です。
体幹とは「体から手足を抜いた胴体」のことで
いわゆる内臓がある部分です。

体は生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、
冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに
冷えを感じてしまうんです。

体を内側から温めるには、
適度な運動を意識して行ないましょう。

運動は血流を良くするので、
末端まで血液が運ばれやすくなります。
代謝も上がり、脂肪が燃えやすい体に繋がります。

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴も、
体の内側から温めてくれます。
お風呂上がりには、冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

なお、
締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいので、
ゆとりのあるものを重ね着しましょうね。

次にご飯面では、
冷え症に効果のある栄養素として
主にビタミンEとビタミンCがあります。

ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、
ホルモン分泌を調整するはたらきがあり、
ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の
吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。

他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、
代謝を上げて、体を内側から温かくしてくれる作用があります。

寒くて冷え性が辛い季節には、
ご飯内容の見直しで改善してみてくださいね!

フンガフフ
川元弓子は
http://scouter.geo.jp/li/uranai2.php?mr=389&nr=1799&ms=12982&np=23&mq=-90-EC-96-7B&nq=-8B-7C-8Eq

藤丸敏のコツ
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_giinprof.nsf/html/profile/372.html

手提げ袋
http://kamibukuro-revolution.com/useful/which-material/

イタリア ハネムーン
http://hunemoon.com/italy-2

家具買取 埼玉
http://recycle-saitama.com/