レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

 

コンビニ後払いの紹介
http://www.xn--n8jwkxa0a7ii9c4p3868as9bgoq2xbm7a266h.com/



レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:20181213

1年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
ボクが
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
妻は「ボクの乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は妻の方が車に乗る機会が多いので、
妻にとっては不便なのにもかかわらず、
ボクが喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
ボクは何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
ボクが出掛ける時には、
妻はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「妻は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
ボクに持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
ボクは涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、ボクはハッとしました。

日々作ってくれるごはん…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに妻の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「ボクはこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
ボクの愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

ボクは妻のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
ボクが一方的にその愛情を与えるだけで、
妻の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

妻のことが好きだからといって、
その愛を妻に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。