レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて最も多く寄せられることというのが、「失明をしてしまうリスク」なのではないでしょうか?
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。レーシックで注意をしなければいけないこととしまして、レーシック専門のクリニックの先生に実施してもらうことです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。 オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。
まず最初は、豊富な経験や実績を持っているクリニックと医師を探すようにしましょう。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 

 

ビタミンE
https://www.suplinx.com/shop/c/c1025



レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:20181211

ダイエット中は、
「お酒を控えた方が良い」とよく言われますよね。

それには、いくつかの根拠があります。

まずお酒自体に、
かなりのカロリーが含まれているということです。

わたしの兄は、
糖質を多く含む日本酒やビールはダメだけど、
ウィスキーや焼酎は、糖質が含まれていないから大丈夫だと
言ってるんですが…

カロリーを比較してみると、それほど大差ないんですよ!

しかもお酒には、血液中の中性脂肪を増やす効果があります。
なので、結果的には体脂肪を増やしてしまうんです。

さらに、お酒には、
食欲を増進させてしまうという、
ダイエットの妨げになる効果があるのです。

お酒を摂取することによって、
冷静な判断をすることができなくなり、
食欲が理性を押しとどめ、むき出しになってしまいます。

そして、消化機能も高まるので、
どうしても大食いになってしまうんです。

お酒を飲んだ後の締めに、
ラーメンとかヒレかつ定食を食べる人って、
よく見かけますよね?

通常なら食べることができないような量を食べてしまうのは、
お酒の影響を受けているからなんですよね!

適量であれば、別に問題ないんですよ。
例えば、日本酒なら1合とか、ビールなら中瓶1本程度とか…

でも
お酒好きの人にとっては、
ちょっとしか飲めないというのは、ツライことですよね?

ですので、
ダイエットにチャレンジしようというお酒好きの人は、
しばらくの間、遠ざかった方がいいかもしれませんね。

しばらく我慢して、目標体重が達成できたら、
ご褒美にお酒で乾杯するのはどうでしょう?