レーシックが原因でのドライアイ

レーシック手術とドライアイについての知識をまずはしっかりと把握しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。そもそもドライアイというのは眼の水分が少なくなってしまい、眼が乾いてしまう状態になることを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。 「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。
ドライアイというのは、目薬を使うことによって自然に症状が収まってくることでしょう。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。

 

 



レーシックが原因でのドライアイブログ:20181127

健康維持やダイエットのためには
食事と運動のバランスが大切ですが…

腹が空きすぎている時や
腹がいっぱいの時の運動は
逆にからだに負担をかけてしまいますよ。

一般的に
食事は運動の
2時間前にとるのが良いと言われます。

それは、空腹時の運動は低血糖を起こしやすく、
満腹では胃に負担をかけたり、
逆に疲れやすくなってしまうからです。

体質によって異なりますが、
食べ物の消化吸収の時間が最低三時間といわれているため、
食後2時間経ったときには、
満腹でも空腹でもなく、血糖も程よく上がっているので
運動しやすいというわけです。

とは言え、
10時・14時・晩によって少々異なりますし、
食事の2時間後に
必ず運動できるとも限りません。

運動前と運動後では、
食事のとり方や目的もそれぞれ異なってきます。

運動前には消化がよく、
すぐにエネルギーになりやすいものがおすすめ。
たんぱく質や脂質の多い食事は、
消化に時間がかかるので控えましょう。

早朝の運動で時間がない場合は、
すばやくエネルギーになりやすい
バナナ、スポーツドリンク、野菜ジュース、くだものジュースなどを
試してくださいね。

一方、運動した後、
運動によって消費された糖質や傷ついた筋肉を補うには、
たんぱく質を補給する必要があります。
柑橘系のくだものはクエン酸なども含まれているため、
疲労回復にもってこいですよ。

やせたいからといって必要以上に食事量を減らすと、
疲労の回復は遅くなるので禁物!

また
運動したからといって
高カロリーのものを食べたり、食事を食べ過ぎたりすると、
逆に太ってしまいますので適量で抑えましょう。